外壁塗装を高品質・低価格に

水性塗料と溶剤塗料のメリット・デメリット

外壁塗装において水性塗料と溶剤塗料の選択は、その用途や環境への影響、耐久性などさまざまな要素にもとづいて決定されます。そこで、水性塗料メリットデメリット、溶剤塗料メリットデメリットについて確認しておきましょう。

水性塗料のメリットとデメリット

水性塗料の最大の利点は環境にいい塗料であることです。溶剤として水を用いているゆえ、放出するVOC(揮発性有機化合物)が少なく、加えて、臭いもあまりないので屋内を塗装する際にも良い選択肢となります。

また、水性塗料は清掃が容易です。水で道具を洗い流すだけでよいため、作業後の片付けが簡単です。

 

水性塗料のデメリットとしては乾燥に時間がかかることが挙げられます。気温が低かったり湿度が高かったりする場合、完全に乾くまで長く待たなければなりません。また、耐久性が溶剤塗料に比べて劣る場合が多いのもデメリットです。特に、直射日光や厳しい気象条件下では劣化が早まることがあります。

 

溶剤塗料のメリットとデメリット

溶剤塗料はその優れた耐久性から外壁塗装に広く用いられています。溶剤塗料は乾燥が早く、塗膜が非常に強固になるため、長期にわたって色褪せや剥がれに強いのがメリットです。

ただし、溶剤塗料はVOCの放出が高いため環境への影響が懸念されます。また、強い臭いがあるので使用する際は換気に注意が必要です。

 

まとめ

環境に優しい塗料を選ぶ場合は水性塗料が適していますが、耐久性を最優先に考える場合は溶剤塗料が推奨されます。したがって、使用する環境や目的に応じて適切な塗料を選ぶようにしましょう。